「あいうるら」って、なあ~に?


 農業体験農園「あいうるら」の「あいうるら」は点字と関係します。まずは、下の点字のことについての説明を見てください。「あいうるら」は点字表記の基本となる言葉です。農業体験農園は農業の基本を学ぶ場であることから、農園名を「あいうるら」にしました。


点字の触読


 目の見えない人(盲人)の文字として使われている点字を指先で読んでいる所です。凸点を触りながら読むので「触読」といます。

点字の構成


 点字の1マス(文字)は6つの凸点で構成されています。6つの凸点のうち、左の上の凸点を「1の点」、その下の凸点を「2の点」、以下、「3の点」「4の点」「5の点」「6の点」と言います。

点字仮名の構成


まず、ローマ字の表記を思い浮かべてください。か行は「K」の次に、A・I・U・E・Oの子音とのを組み合わせで、か(KA)、き(KI)、く(KU)、け(KE)、こ(KO)と表します。点字も同じような仕組みになっています。

母音

 日本語の母音(あいうえお)を1、2、4の点の組み合わせで表します

    ア ・・・ 1の点のみ

    イ ・・・ 1、2の点

    ウ ・・・ 1,2、3の点

    エ ・・・ 1,2,3の点

    オ ・・・ 2,4の点

子音

 子音(か行、さ行、た行・・・ら行)を3・5・6の点の組み合わせで表します。

    か行 ・・・ 6の点

    さ行 ・・・ 5、6の点

    た行 ・・・ 3、5の点

    な行 ・・・ 3の点

    は行 ・・・ 3、6の点

    ま行 ・・・ 3、5、6の点

    ら行 ・・・ 5の点

    ん  ・・・ 5,6,7の点

    や行とわ行は特別表記する

点字五十音表



濁音・半濁音


 点字は6点の組み合わせでできているので、点字1マスで現すことができる文字は2の6乗で64パターンです。日本語の清音(あ、い、う・・・ん)は50個なので、清音だけであれば64パターンで十分足ります。しかし、濁音を含めると64パターンを超えるので、1マスでは表せなくなります。そこで、濁音や拗音、拗濁音等は2マス使って表します。濁音は5の点を前置します。半濁音は6の点を前置します。

拗音

 拗音や拗濁音も2マス使って表します。拗音は5の点を前置します。半濁音は6の点を前置します。

拗濁音

数字・アルファベット


数字や英語の場合は点字2マスを使います。1マス目には「数字が始まるぞ」とか、「英語が始まるぞ」とかを知らせる前置詞を書きます。数字の場合は「数符」、英語の場合は「外字符」をといいます。

   数符 ・・・ 3,4,5,6の点

  外字符 ・・・ 5、6の点

 

数字の表記

 「あ」「い」「う」「る」「ら」の前に数符を前置すると、数字の1,2、3、4,5となります。

アルファベットの表記

 「あ」「い」「う」「る」「ら」の前に外字符を前置すると、a、b、c、d,

e・・・となります。