栽培の応用編(育て方と保存・加工)


 野菜は品種ごとに育て方が違っていて、収穫までの期間も違い、病気や害虫被害を受けやすい野菜と受けにくい野菜があります。野菜は種をまけば放任栽培でもそれなりに育ってくれますが、野菜の育て方の基礎をしっかり守って育てれば、放任で育てるよりも、美味しい野菜をたくさん誰にでも簡単に作ることができます。

 野菜は大きく「果菜類」「葉菜類」「根菜類」の大きく3つに分けることができます。農業体験農園「あいうるら」では、野菜のほかに、「豆類」「いも類」などの作物も栽培体験します。ここでは、各作物の栽培管理について、畑の準備から種まきや 苗の植付け方、追肥のやり方や病害虫の防除方法など、収穫までの留意点を月(上旬・中旬・下旬)ごとに詳しく紹介します。

 また、収穫してもすぐに利用しない場合には保存したり、さらにおいしくするために加工したりすることがあります。その方法も紹介します。