豆類の育て方


特徴


 豆類は発芽から生育初期までは湿害を受けやすく、発芽不良や生育不良などになりやすい。畝立ての時に排水ができるように高畝にしなければならない。

 豆類は元肥のみで栽培します。肥料(窒素成分)を多く施用すると生育が旺盛になり、枝葉が茂るばかりができてしまいます。その結果、花の数が減少したり莢の付きが悪くなったりします。施肥量は前作に応じて加減する必要がある。

 管理作業は土寄せが大事です。土寄せは除草・倒伏防止・根の活性化などを目的に実施します。